MENU

白内障 サプリ

 

白内障とは?

 

目が見えるためには、レンズの役割を果たす水晶体や、ピントを調整するための様々な筋肉、そして光の刺激を電気信号として脳に伝える網膜や視神経などから成り立っています。

 

白内障になると、視界がぼやけて見えたり、光がまぶしく感じるようになりますが、これは水晶体に濁りが生じることにより、網膜に光が届かずにしっかり見えなくなる、光が入ってくる過程で乱反射を起こしまぶしく感じる、などの現象が起こっています。

 

白内障は、60代で60%以上、70代では80%以上の方が罹患しているという考えがあり、80代以上になればほぼ白内障を罹患していると考えても良いでしょう。このように言うと高齢者の病気のように思われますが、実際9割程度は加齢が原因であるものの、1割ほどは他の原因によって生じるもので、年齢を問わないケースです。

 

白内障が発生する他の要因としては、先天性のものや、強いダメージを受けるなどの物理的な損傷、糖尿病などの影響や、薬剤などの影響、活性酸素、紫外線などが考えられます。

 

加齢性の白内障というのは、加齢によって生じるものですから、ある日突然視界に変化が訪れるというようなものではありません。自覚症状がないほどゆっくりと進行するのが大半で、見えにくくなったなとハッキリ自覚するまでは、疲れ目などと間違われやすいです。

 

白内障は、似たような症状を持つ病気もいくつもありますから、自己診断に頼らず、必ず専門医による検査を受けた上で判別するようにしましょう。間違った判断によって、治療できる可能性を狭めたり、他の眼病を悪化させてしまっては一大事です。基本は早期発見早期治療ですから、異変を感じたら、早めに眼科を受診してください。

 

白内障が発症する原因は?

 

白内障は、目の中のレンズの役割をしている水晶体が濁ってくる病気ですが、その原因にはどういったものがあるのでしょうか。

 

まず、主要な原因は水晶体を構成しているタンパク質の変性です。これは老化によって生じることもあり、80代以降ではほぼ全員が白内障を発症しているといわれますので、誰にでも生じるものと考える必要があります。

 

一部、生まれつき水晶体が濁っているタイプの人もいて、それが出生直後から思春期までの期間において進行が進んで視力に異常が生じるケースもあります。遺伝的なものや、母親が妊娠中に風疹にかかることによって生じるとされています。

 

また、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として白内障が生じることもあります。必ずしも生じるとは限りませんが、これらの疾患がある場合にはリスクが高まりますので、目の状態にはいっそうの注意が必要です。

 

外傷などの目への物理的なダメージによって水晶体が傷つき、それが原因になる場合もあります。目をこするという何気ないものも原因となることがありますから注意してください。

 

膠原(こうげん)病などの内科疾患の治療では、ステロイド剤が処方されますが、これを筆頭に薬剤などによる影響から白内障が生じることもあります。

 

その他、日常的な喫煙が水晶体の中のビタミンCを奪うことでリスクが増大したり、紫外線を多く浴びていると生じやすいという傾向があります。こういったことに注意することで、多少なりともリスクを減らすことは可能です。

 

白内障は紫外線が原因?

 

白内障というのは、目の中の水晶体というレンズの役割をしている部分が、損傷や老化の影響を受けて白く濁ってしまうことで、目のかすみや、光をまぶしく感じるなどの症状が出るものです。

 

この原因とされているもののひとつに紫外線がありますが、紫外線が問題となる目のトラブルは白内障のほかにも多くあります。

 

たとえば、加齢黄班変性と呼ばれるものは、網膜にある黄斑に、異常が生じ、視野の真ん中から見えなくなっていったり、視力の低下や、対象が歪曲して見えるなどの症状が出てくるものです。

 

また、翼状片と呼ばれる、結膜の一部が黒目に刺さった状態は、目の充血や異物感が続く困った症状で、これも紫外線の影響から生じます。

 

雪目と呼ばれるものも、積雪で反射した紫外線によって生じるもので、痛みや充血、まぶしさを強く感じたりします。目に強い炎症が生じている状態です。

 

多くの眼病にとって、紫外線は基本的に害にしかなりません。ですから、普段から目にもしっかりUV対策を行なっておくことが肝心です。

 

普段、なかなかそういったところまで気にしている人は多くありませんが、ツバの広い防帽子を利用したり、サングラスを利用したりして、少しでも紫外線をカットするように努めた方が良いでしょう。

 

日陰だから安心ということもありません。目にはさすがに日焼け止めは塗れませんから、しっかり準備UV対策を意識しておくことが目にとっては大切なのです。

 

糖尿病と白内障の関係

 

生活習慣病の代名詞ともいえる糖尿病ですが、これを生じることによって白内障のリスクが高まることをご存知でしょうか。糖尿病は血糖値に問題がある状態ですが、これがどうして目の疾患である白内障に繋がるのでしょうか。

 

糖尿病になると、インスリンの異常によって血糖値のコントロールがうまくいかなくなりますが、その際に、目の水晶体の中に「ソルビトール」という物質や、「終末糖化産物」と呼ばれる物体が蓄積するようになります。これらは有害で水晶体にダメージを与えるため、酸化ストレスなどと合わせて水晶体の変質を促していると考えられています。しかしながら、正確なメカニズムはまだ研究途上のようです。

 

白内障を予防するという観点から言えば、しっかり目の保護をすることが大切になります。具体的には、紫外線に注意したり、目もとの血行を促したり、抗酸化作用のある成分を摂取するなどが良いと考えられます。

 

また、糖尿病によって合併症になるのですから、糖尿病が改善されればそれだけリスクが下がるようになります。ですから、血糖コントロールについてはしっかり意識するようにしましょう。

 

注意したいのは、糖尿病が関係しているのは発症リスクであり、白内障の進行度ではないということです。つまり、一度白内障が生じてしまうと、血糖値をいくらコントロールしてもそれほど意味はありません。白内障として治療や対処が必要になります。

 

糖尿病から白内障を生じるケースは少なくありませんので、血糖値が高めの方は普段から注意しておいた方が良いでしょう。

 

ヨーグルトを食べると白内障になりやすい?

 

白内障に関しては、多くの人が関わることになる病気だけに注目度も高く、そして民間療法的なものから医学的見地に基づいた情報まで実に様々な情報が流れています。

 

その中でも、思わず驚いてしまうのが、ヨーグルトの摂取量の多い人は白内障になりやすいと言うこと。これはどのような理由でそう言われるのでしょうか。

 

人間は乳製品を分解するための酵素を体内に持っているのですが、この酵素が成長するに従ってなくなっていくのだそうで、アジア圏の人は特にこの酵素が弱いのだそうです。

 

乳製品を分解するための酵素が不足していて、乳製品に含まれる乳糖の分解がうまくできないと、ガラクトースの分解ができずに、その成分が目に蓄積し、白内障が進行するのだそうです。

 

そのため、眼科医の中でも、乳製品をあまり食べないように提案する医師もいるようで、普段ヨーグルトは体に良いからと毎日大量に食べている人は、少し気をつけておいた方が良いかもしれません。

 

もともと先天的な酵素の不足が先天性の白内障に関係しているケースもあると思いますが、多くの人は成長過程でこの酵素が無くなっていくので、そういった体の変化を無視してヨーグルトなどの乳製品を多く食べることが、若年性の白内障に繋がっている可能性があるのだそうです。

 

思わずヨーグルトを買おうとした手を止めたくなる情報ですが、基本的にヨーグルトは健康に良い食品ですから、過剰にならないようにしていれば問題ありません。

 

白内障になりやすい人の特徴

 

白内障というのは、ほぼ全ての人が罹患することになる病気だと言われています。白内障は目の水晶体が白く濁るために、視野が白くぼやけたり、光がまぶしく感じたりという症状が出るものです。

 

ただ、もともと多くの人は多かれ少なかれ水晶体が濁っているそうで、それが老化などの影響で大きくなっただけだと考えられています。誰もが罹患するとはいえ、白内障を生じるリスクの高い人というのは傾向があります。

 

高齢であることはそのひとつで、他にも、糖尿病やアトピー性皮膚炎といった疾患を持っていることもリスクを高めます。

 

また、家族で若年性の白内障を発症した人がいるなら、リスクは少し高いと思っておいた方が良いでしょう。生来の白内障というパターンは遺伝が大きく関係していると言いますが、加齢によって生じる白内障は遺伝とは直接的な関係は薄いとされています。

 

普段、外でお仕事をしていたり、野外スポーツに興じている人もリスクが高めになります。というのは、紫外線は白内障を生じさせる原因のひとつだからです。白内障の他にも、多くの眼病のリスクをもたらしますから、注意しておいた方が良いでしょう。

 

喫煙習慣のある人も注意してください。目の中の水晶体には、実は多くのビタミンCが含まれていて、これが目の酸化ストレスを防いでいるのですが、喫煙はこのビタミンCを大量に消費させてしまうそうです。そのために目が酸化ダメージを受けやすくなり、白内障を起こしやすくなると言われています。これらに該当するものが多いほど、リスクが高いことになりますから、くれぐれも注意するようにしてくださいね。

 

白内障に良い抗酸化成分

 

目にやさしいと評判の「アントシアニン」ですが、これはポリフェノールの一種で、青紫色の色素成分です。アントシアニンはブルーベリーが最も有名ですが、同じような色合いの野菜や果物に多く含まれていて、ナスなども同じアントシアニンが入っています。

 

これは、常に紫外線にさらされている植物たちが自らを守るために作っているもので、強い抗酸化作用を持ち、酸化による細胞へのダメージを軽減させる効果があります。

 

白内障は、目の中でレンズの役割を果たしている水晶体が白濁する病気ですが、その原因には活性酸素が働いているといわれていて、このアントシアニンの摂取によってそのダメージを軽減できると考えられているのです。

 

また、アントシアニンが目にやさしいと言われる理由には、ロドプシンという視神経において情報伝達を司っている物質の再合成を助けてくれるからです。ロドプシンは、光を受け取ると分解されてしまうので、常に作り続けることが必要ですが、年齢を重ねるとその機能が衰えるようになるので、視力低下や眼精疲労が生じやすく、アントシアニンはそれを改善・予防すると考えられています。

 

アントシアニンを効果的に摂取するのであれば、ブルーベリーカシスが有効です。これらのアントシアニンは、特に目に対して良い影響があると言われています。同じアントシアニンでも、いくつかの種類がありますから、効果にも違いがあります。説明書きをよく読んで、自分により有効なものを選びましょう。

このページの先頭へ